野村一郎の秀作酒器たち。

本格オープンから三週目、新たな入荷作品展を始めました。


#野村一郎 さんの徳利とぐい呑は粒ぞろい。
「♪大賀島にもあったんだー、こんな強い焼けが〜」、という感じです。
それに窯変の大皿やカセ胡麻のさらも野村さんならでは。
甘めの焼きは旧作に少しだけあります。

野村一郎さんの徳利とぐい呑
窯変の模様が宇宙を思わせます
渋いカセ胡麻の小皿たち


#城崎月甫 さんの漆器は並べるとカラフル、手に取るとディテールの細やかさが伝わります。

木目も美しい


#丸田宗一廊 さんの作品は、ひとことでいうと磁器ですが、胎土も釉薬さまざま。
その違いを見比べるのも楽しいもの。

若手ながら確かな造形力を感じます


近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいませ。
#漆器
#bizen
#karatsu
#うつわ
#涼一石

「野村一郎の秀作酒器たち。」への4件のフィードバック

  1. 遅くなりましたが 開店おめでとうございます。想像つかなかった転職(?)ぶりに驚いています。私も陶器見るの好きですので、ぽちぽち買ってしまっています。東京に行くことがあったら(滅多にないのですが)ぜひ寄らせていただきます。またお会いできるのを楽しみにしています。  巨大な陶器が出てきたときには、スタジオトルカで回して撮影しに来てください。

    1. ありがとうございます。旧職時代は何かとお世話になりました。
      感謝いたしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。お待ちいたしております。

  2. 一昨年、大病を患い、それ以来陶器の収集も陶芸もお休みしていますが、野村一郎さんのお名前を見て、私も生きていると心に炎が灯りました。ゆつくり生きることを教えて頂きながら、少し生き急いだ自身の小ささを恥じています。陶芸店というものが減少して行く中、大変とは思いますが、頑張って下さい。そのうち寄らせて頂きます。

    1. 星野さま、コメントありがとうございます。野村さんの作品を扱ってから改めて感じたのは、作品は作者を写す鏡であること。野村さんの作品を、心の拠り所のように思う方が意外と多いことに気づかされました。野村さん、元気にしておられます。陶芸の再開にはもう少し時間がかかるかもしれませんが、再び心揺さぶる作品が生まれることを願っております。お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です